地震の時、もし窓ガラスが割れたら

earthquake_window
日本列島は様々な海底プレートの上に成り立った島であるとともに、多くの活火山が存在している島でもあります。それゆえに、地震が起こることは避けることができない運命。自分の暮らしている地域でもいつ大きな地震が起こるかわかりませんし、明日地震が起こってもおかしくありません。だからこそ、地震が起こった時に気をつけるべきポイントを確認しておくことが大切であると言えるでしょう。

さて、そんな地震が起こった時に気をつけるべきポイントとして、窓ガラスの破損が挙げられます。強度の高いガラスを使用しているのであれば地震の揺れによってガラスが割れるリスクを軽減させることができるかもしれませんが、普通のガラスを使用しているご家庭が多いことからもガラスが割れてしまう可能性はかなり高いと言えるでしょう。そのため、「地震でもし窓ガラスが割れたら」ということを事前に想定しておくことは大切ですし、取り越し苦労などではありません。

地震で窓ガラスが割れてしまうと、まず考えられるのはそれで怪我をしてしまうということが挙げられるでしょう。ガラスはご存知の通り、割れてしまうと非常に鋭利な破片が散らばります。そのため、ガラスが割れる瞬間に体を切ってしまうかもしれませんし、割れて落ちたガラスを踏むなどして怪我をしてしまう可能性はかなり高いです。それに、地震の場合は揺れによるガラスの破損だけではなく、地震が原因として発生した火災によってガラスが割れるということも十分に考えられます。火災でガラスが割れてしまった場合は、近隣の家屋にその火が燃え移りますので、それを回避するためにも炎でガラスが割れないようにワイヤー入りのガラスを取り付けることも大切かもしれません。

もし地震でガラスが割れてしまうと、かなり大変な状況になるのは間違いありません。ですから、割れにくいガラスにするのも大切ですし、地震で割れてからのことを考えるのも大切です。